On Location in the UK/イギリス、オンロケーション

November 2019

Saltaire

IMG_3827 (編集済み)Twice a year, I am lucky enough to take a study trip back home to the UK. These two week trips enable me to refresh my native language skills and catch up on new lingo. 1年に2回、私は英国に帰国して研修旅行をすることにしています。この2週間の旅行では、母国語のスキルを更新し、新しい専門用語に追いつくことができます。 I also spend quite a bit of time shopping for teaching materials, games and local snacks to bring back to Japan. また、日本に持ち帰るする教材、ゲーム、地元の食品などを購入するためによく買い物に出かけます。 Another important purpose of my trips back home is to visit and report back on places of interest that students and supporters of White Rose may never have a chance to visit. 故郷への研修旅行のもう1つの重要な目的は、ホワイトローズの生徒さんやこのウエッブページをご覧になっている皆様が訪れる機会がない場所を訪れて報告することです。This is my way of bringing a little of the UK culture into their homes. こうして、私なりに英国の文化の一部を皆様へ届くことが出来ます。Best of all, my family and friends are always willing to help me achieve all of these goals. 何よりも、家族と友人は、私がこれらの目標のすべてを達成するのをいつでも喜んで手伝ってくれる。They join me on shopping trips, enjoy taking afternoon tea with me, and are always suggesting new places for us to go. 私と一緒にショッピングに出かけるし、アフタヌーンティーを一緒に楽しんで、いつも新しい場所を提案してくれます。This time, I was introduced to the delights of Saltaire, a Victorian model village that was, in 2001, designated as a UNESCO world heritage site. 今回は、2001年にユネスコの世界遺産に指定されたビクトリア朝のモデル村ソルテアの素晴らしさを紹介してくれました。

Saltaire is a complete and well preserved, planned industrial village of the second half of the 19th century, situated near Bradford and located on the river Aire. ソルテアは、ブラッドフォードの近くに位置し、アイレ川に位置する、19世紀後半の完全かつ保存状態の良い計画的な産業村です。It was founded in 1853 by Sir Titus Salt, a leading industrialist in the Yorkshire woollen industry (he was a manufacturer of alpaca wool fabrics), as a model village for his employees . 1853年に、ヨークシャーウール産業の有力な実業家であるサーティタスソルト(彼はアルパカウール生地の製造者)によって、従業員のモデル村として設立されました。The name of the village combines the founder’s surname and the name of the river that runs through the village. 村の名前は、創設者の姓と村を流れる川の名前を組み合わせたものです。 Its textile mills, public buildings, and workers’ housing were designed by local architects, Henry Lockwood and Richard Mawson and built in a classical style, inspired by the Italian Renaissance. 織物工場、公共の建物、労働者の住居は、地元の建築家ヘンリーロックウッドとリチャードモーソンによって設計され、イタリアルネサンスに触発された古典的なスタイルで建てられました。Once complete, the village comprised of over 800 high quality homes, two churches, a school, adult education institute, park, hospital, baths and wash house and almshouses for the elderly. 村が完成すると、800を超える高品質の家、2つの教会、学校、成人教育機関、公園、病院、風呂、洗面所、高齢者向けの施し場で構成されました。Purpose-built as a new community where Salt’s workforce would be healthier, happier and more productive, it is an outstanding example of mid 19th century philanthropic paternalism, which had a profound influence on developments in industrial social welfare and urban planning in the United Kingdom and beyond. ソルトの労働力がより健康で幸せで生産性の高い新しいコミュニティとして構築されたこのコミュニティは、19世紀半ばの慈善的パターナリズムの顕著な例であり、イギリスそして他の国の産業社会福祉と都市計画の発展に大きな影響を与えました。These days, no longer a working mill, Salts Mill is now fully converted and home to an amazing David Hockney gallery, a great selection of shops and some lovely restaurants and cafes. 現在は製粉工場ではなくなったソルツミルが完全に改造され、ブラドフォード市生まれの画家デビッドホックニーのギャラリー、さまざまなショップ、素敵なレストランやカフェがあります。 It was the perfect location for a day-out with friends on a cold, November day. 11月の寒い日に友人との外出に最適な場所でした。

Saltaire Village

Titus Salt’s mill

The David Hockney gallery

Shops include a kitchen shop, a fabulous book store and an early musical instrument store

The beautiful mill building is now home to art

July 2019

Click on the titles below to read all about the different places we visited on our trip to the UK this summer. From cities to vineyards. There’s lots of information for everyone! 下のタイトルをクリックすろと、この夏の英国旅行で訪れたさまざまな場所について読むことができます。都市からブドウ園まで。最新情報盛りだくさんあります。

Bradford

Castle Hill

Yorkshire Sculpture Park

Birmingham

Holmfirth Vineyard

Cannon Hall

Winter 2018/2019

Greenwich by boat

At the beginning of the new year, I journeyed down to London to meet some friends. 新年の初めに、私は何人かの友人に会うためにロンドンへ旅行しました。49204515_2277092895869016_82489197721550848_o With a two night/three day trip schedule and promises to meet up with 6 friends coming in from different parts of the world, we starting talking about our time together months in advance. 2泊3日の旅行スケジュールで、世界中のさまざまな場所からやってくる6人の友人と会うことを約束して、私たちは何ヶ月も前に一緒に過ごせる時間について話し始めました。London has so many exciting places to visit, but we wanted somewhere that we could go for a casual but fun day and….given that it was January when the weather is cold and unpredictable…..where we could find plenty of places to get indoors. ロンドンにはたくさんのエキサイティングな場所があります。しかし、どこかカジュアルで楽しい一日を過ごしたいと思っていました。1月の天気は寒くて予測不可能ですし、室内の場所でもあるところへ行きたかったです。 Eventually, a plan was made: a day trip to Greenwich by boat! 結局、計画が立てられました:ボートでグリニッジへの日帰り旅行!

We all arranged to meet at the Westminster Pier in Central London at 10 AM sharp. 私たちはみんな午前10時にロンドン中心部のウェストミンスター桟橋で集まるように約束しました。Tickets were purchased and we all embarked on a Thames River Services boat. 切符を買って、全員はテムズ川サービス艇に乗りました。Choosing to take our seats inside the cabin, it turned out to be a fun, relaxing..and, a warm….way to travel to Greenwich. キャビンの中の席に座るように決めて、グリニッジに旅行するための楽しく、リラックスしたそして暖かい方法でした。We were entertained by ‘Billy’, a member of staff who provide us with a great commentary of the sites we were passing. 通り過ぎているサイトの素晴らしい解説を私たちに提供してくれるスタッフの一員である「Billyさん」によって楽しまれました。You would probably have to be British to truly appreciate his sense of humour and his fabulous Cockney accent though.しかし、彼のユーモアのセンスと素晴らしいロンドン方言を本当に理解するには、おそらくイギリス人でなければならないでしょう。  The journey takes about 50 minutes and is a great way to see some of the sites alongside the Thames such as The Tower of London, Tower Bridge, Shakespeare’s Globe theatre, HMS Belfast..to name but a few. 所要時間は約50分で、ロンドン塔、タワーブリッジ、シェークスピアのグローブシアター、HMSベルファストなど、テムズ川沿いのいくつかの観光スポットを見るのに最適な方法です。

We disembarked at Greenwich just before 11 AM and, took in the magnificent sight of the Cutty Sark. グリニッジに午前11時直前に着きました。目の前にはカティーサークが見えました。49534008_2277616535816652_5734775053858373632_oThe Cutty Sark was launched in 1869 for the China tea trade and now the last of the great tea clippers, she is berthed in dry dock and is open to the public.カティーサーク(Cutty Sark)は1869に建造されたイギリスの快速帆船であります。中国からイギリスまで紅茶を輸送する「ティークリッパー」として、いかに速く一番茶を届けるかを競いました。カティサークは現存する唯一のティークリッパーとしてグリニッジで保存展示され, 一般に公開されています。

After a quick coffee, we walked through the Greenwich market.  コーヒータイムをしてから、私たちはグリニッジ市場を歩きました。

Then, we headed towards the grounds of the Royal Navy College.  それから、王立海軍大学の敷地に向かいました。 To shelter from the cold, we wandered into the chapel, which is open to the public. 寒さから身を守るために、一般に公開されている礼拝堂に入りました。What an unexpected beauty! なんて意外な美しさ!The ceiling of the chapel was stunning. 礼拝堂の天井は見事でした。

Greenwich is particularly famous for the Royal Observatory. グリニッジは王立天文台で特に有名です。The Royal Observatory is an observatory situated on a hill in Greenwich Park, overlooking the River Thames. グリニッジ天文台 は、ロンドン郊外グリニッジ地区のテムズ川河畔グリニッジ・パーク内に存在する天文台です。 It played a major role in the history of astronomy and navigation, and is best known for the fact that the prime meridian passes through it, and thereby gave its name to Greenwich Mean Time. それは天文学と航海の歴史において主要な役割を果たしました、そして、それが主経絡がそれを通り抜けて、それによってグリニッジ標準時にその名前を与えたという事実のために最もよく知られています。In 1833, to help mariners at the port and others in line of sight of the observatory to synchronise their clocks to GMT, Astronomer Royal John Pond installed a very visible time ball that drops precisely at 1 p.m. (13:00) every day atop the observatory. 1833には、天文台の目の前にある港などの船員が自分の時計をGMTに同期させるのを助けるために、王室天文学者のJohn Pondは、午後1時に正確に落ちる非常に目に見えるタイムボールを設置しました。 毎日の午後1時に落下るその報時球は現在も稼働している。

thumbnail_img_1543The ball is still dropped daily at 13:00 and, although we didn’t make it up to the Observatory,  we were lucky enough to witness the ball drop….from a distance! 私たちは天文台まで行きませんでしたが、訪ねるタイミングがよく、遠くからタイムボールの落下を目撃出来ました。

After that, we headed back towards the National maritime museum and had a very pleasant lunch in the adjoining restaurant: The Old Brewery. その後、国立海洋博物館に向かって戻り、隣接するレストランThe Old Breweryでとても楽しい昼食をとりました。The deco in the restaurant alone was well worth seeing. レストランの素敵なデコは一見の価値がありました。

At 3PM, after a very relaxing few hours away from the hustle and bustle of central London, we headed back to the boat for the return journey. 午後3時、ロンドン中心部の喧騒から数時間離れた非常にリラックスした後、皆で帰りの旅のために船に戻りました。What another great day out! 素晴らしい日になりました。

Harrogate

49110911_2273143132930659_8980058566123585536_n

On December 28th, my beautiful friend Hannah had invited me out for the day. 12月28日、美しい友人Hannahに誘われて、出かけました。I had no idea where we were going. Our destination was to be a surprise. 私だけはどこへ向かっているのかわかりませんでした。目的地は私のためのサプライズでした。We set off bright and early and were driving through the countryside as the sun rose. 早く出発し、日が昇るにつれて田舎を通り抜けていた。After much guessing, I was finally told that we were headed for the spa town of Harrogate in North Yorkshire. 多くのことを推測した後、私はようやくノースヨークシャーの温泉街ハロゲートに向かっていると言われました。The town became known as ‘The English Spa’ in the Georgian era, after its waters were discovered in the 16th century. 16世紀に水域が発見された後、ジョージ王朝時代にこの町は「The English Spa」として知られるようになりました。These days, with its fine Victorian architecture and beautiful gardens, it is still a popular destination for tourists. 現在、この町のビクトリア朝の建築や美しい庭園が有名で、観光客のための人気のある目的地です。

Harrogate is also the home of Yorkshire Tea and was the home to the first ever Betty’s Tea rooms. HarrogateはYorkshire Teaの本拠地でもあり、史上初のBetty’s Tea Roomの発祥の地でもある。 On the day that we visited, people were queuing around the block to get into the tea room that first opened 100 years ago. 私たちは訪ねた日、100年前に初めて開店されたBetty’s Tea Roomに入るのに、お客様は長い列で待っていました。

49599668_2273143102930662_2320171853336805376_n

Our first destination though was the Turkish Baths. しかし、私達の最初の目的地はそのティールームではなく、ハロゲートにあるトルク風呂でした。So what exactly does a Turkish bath entail? It is a type of spa that promotes metabolism of the body by alternately repeating a water bath (Plunge Pool) and a sauna heated to three stages (Hot Room). トルク風呂といえば、水風呂(Plunge Pool)と三段階の温度に温められたサウナ(Hot Room)を交互に繰り返すことで、身体の新陳代謝を促すタイプのスパです。Harrogate’s Turkish Baths first opened for business on July 23rd 1897 and still attracts upwards of 55,000 people every year. ハロゲートのトルコ式バスは、1897年7月23日に最初に営業を開始しましたが、今にも毎年55,000人以上の人々によって訪問されます。Back in the day, the baths were popular with members of Royal families from around the world and a particular favourite of Queen Victoria’s granddaughters. 当時のスパは、世界中の王室の家族やビクトリア女王の孫娘に特に人気がありました。48430362_2273142092930763_225138191336734720_oWhile Turkish Baths were plentiful in Victorian times, today only seven original 19th century spas remain, three of which are in England. トルコ式バスはビクトリア朝時代には豊富にありましたが、今日は19世紀初頭のスパが7つだけ残っており、そのうち3つはイギリスにあります。The Turkish baths at Harrogate has been beautifully restored to its original Moorish design with Islamic arches and screens, vibrant brickwork, elaborate painted ceilings and terrazzo floors. Harrogateのトルコ式バスは、イスラムのアーチとスクリーン、鮮やかなレンガ造りの壁、精巧な塗装天井、テラゾの床など、元のムーア様式のデザインに美しく修復されています。Unfortunately, as the baths were being used, we couldn’t take any photographs. Check out the website to see just how beautiful it is! それがどれほど美しいかについては、Webサイトをチェックしてください。たくさんの写真が載せられています。At the baths, we spent a couple of hours alternately sweating it out in the steam room and the three heated rooms and cooling off in the plunge pool. お風呂では、スチームルームと3つの暖房付きの部屋で交互に発汗し、プランジプールで冷やしていました。We came out feeling invigorated and refreshed. とてもリフレッシングなひと時でした。

Our next stop was lunch at The Ivy. 私たちの次の目的地はアイビーでの昼食でした49206402_2273152182929754_5243975126466166784_o。Most people have probably heard of The Ivy in London, an iconic restaurant that first opened over 100 years ago and has long been loved by celebrities. ほとんどの人はおそらくロンドンにある、100年以上前に最初にオープンし、長い間有名人に愛されてきた象徴的なアイビーレストランを聞いたことがあるでしょう。Since 2014 though, you no longer need to visit London to enjoy the find food and hospitality on offer. しかし、2014年以来、アイビーでの美味しい料理やそのレストランの有名なおもてなしを経験するために、ロンドンを訪問する必要はありません。Known as the Ivy Collection, branches of the Ivy have started to open up in other hand-picked locations throughout the UK. アイビーコレクションとして知られている、アイビーの支店は英国中の他の厳選された場所で開き始めました。In 2017, Harrogate became the first Ivy to open in the north of England. 2017年、ハロゲートはイングランド北部で最初にオープンしたアイビーになりました。We enjoyed a delicious lunch in sumptuous surroundings. 私たちは豪華な環境の中でおいしいランチを楽しみました。

After lunch, we wandered around the shops of Harrogate and enjoyed seeing all of the beautiful Christmas decorations. It was a fantastic day out. 昼食の後、ハロゲートのお店を歩き回り、美しいクリスマスの飾りを見て楽しみました。素晴らしい日でした。

Christmas in the UK

On my latest trip to the UK, I arrived just in time for Christmas. 最近のイギリス研修旅行で、クリスマス直前に着きました。After a full week of Christmas parties at White Rose, I took a late night plane from Kansai airport, travelled for 24 hours and stepped off the plane, right into winter wonderland.  ホワイトローズでのクリスマスパーティーをすべて終えて、関西空港から深夜の飛行機に乗って、イギリスへ向かいました。ほぼ24時間後、飛行機から降りて、まるで冬のワンダーランドに踏み出しました。

All the towns were lit up with Christmas lights, Christmas trees were visible in every house window and everyone was in full holiday mode.  すべての町はクリスマスライトで照らされました.  クリスマスツリーはすべての家の窓に見えました. 皆はすでにクリスマス休暇を楽しんでいました。

After a good night’s sleep, I woke up on Christmas Eve to beautiful blue skies and white mist.  一晩をぐっすり眠って、私はクリスマスイブに美しい青い空と白い霧に目が覚めた。

thumbnail_img_1139

I grabbed my Mum and set off for a walk around my home town of Halifax. お母さんを引って、町を散歩に出かけました。

On Christmas Day, we were joined by my daughter, who is studying at university in Huddersfield.  クリスマスの日には、イギリスの大学に留学中の娘も参加しました。With a house full of grown-ups, our day got off to a leisurely start.  大人ばっかりでのクリスマスだったので、ゆっくり起きて、軽い朝食を食べてからメーンの食事の準備を皆でしました。A quick breakfast was followed by preparations for the main meal of the day. At around 11 AM, we finally sat down to open our presents.  午前11時ぐらいから、プレゼントをやっと開け始めました。In the UK, present-giving at Christmas is a major expense! イギリスでは、クリスマスプレゼントは大きな出費です。Gifts are exchanged between family members and friends, meaning that, even someone of my age will have at least a few presents to open on Christmas day.  プレゼントは家族と友人の間で交換されますので、大人でも少なくともいくつかのプレゼントを頂きます。Amongst adults, popular gifts are socks, pajamas, cosmetics, chocolates and even alcohol!  大人の間で、人気の贈り物は靴下、パジャマ、化粧品、チョコレート、さらにはアルコールです!

49253451_2271104513134521_7341991694792916992_n

After the presents have been opened, it’s time to get down to some serious eating.  プレゼント交換を終えって、次は食事です!In my house, Christmas lunch is always served around 1PM.  私の家では、クリスマスランチは常に午後1時ごろに出されます。We usually have a seafood platter to whet our appetites.  私たちは通常、食欲をそそるために、前菜として、シーフードの盛り合わせを用意しています。This is followed by turkey with all the trimmings!  その後は、七面鳥を野菜やジャガイモのなどと共に召し上がれます。The food is accompanied with a bottle of bubbly and it is practically compulsory to wear the paper hats that come out of the Christmas crackers.  シャンパンを飲んで、クラッカーから出てくる紙の帽子を被って、皆で食事を盛り上がります。

At 3PM, everyone sits down to watch the Queen’s message on the TV.  午後3時に、皆でリビングルームへ移動して、テレビでエリザベート女王からのメッセージを見ます。

49310522_2271104566467849_1201097650254905344_n

This is often followed by a nap, more TV and then a late dessert.  この後、お昼寝したり、テレビを見たり、デザートを食べたりします。Christmas Day in the UK is a bank holiday and most people are at home with their families. イギリスのクリスマス(25日)は祝日で、ほとんどの人は家族と家にいます。

Shops and many restaurants are closed. お店や多くのレストランは閉鎖されています。There are no trains or buses. 電車やバスは動いていません。It’s a time to slow down, appreciate what you have and spend time with loved ones. ゆっくりして、自分の持っているものに感謝し、愛する人と過ごす時間です。

Summer 2018

Pickering and Whitby, June 27th to 28th

On June 27th,  we set off for the seaside and called off at the beautiful North Yorkshire town of Pickering. 6月27日に海へ向かいました。向かっている途中に、ピカリングという場所に立ち寄りました。Pickering is an ancient market town in the Ryedale district of North Yorkshire, on the border of the North York Moors National Park. ピカリングは北ヨークシャー、ノースヨークムーア国立公園のはっしこに位置する古い市場町です。We stopped for morning coffee and a quick shop before heading for Whitby. 朝のコーヒータイムをして、軽く買い物してから、ウイットビーへ向かいました。

Whitby is a seaside town in North Yorkshire. ウィットビー(Whitby)はイギリス北部のノースヨークシャーにある、北海に面した小さな港町です。It is surrounded on all sides by the moors of the North York Moors National Park and is split by the River Esk as it flows into the sea. ノースヨークムーアズ国立公園の草原地帯に囲まれ、エスク川の豊かな水源が北海へ流れ込む河口を中心に、街が広がっています。These days, Whitby is a popular seaside resort that is visited by many visitors from near and far. 北海を望むリゾート地であるウィットビーには、現在年間を通して国内外から多くの観光客が訪れます。With its stunning seaside scenery and a deep history, Whitby has much to offer. 海辺の景色や歴史的建造物など、街中には見どころがたくさんあります。

You can sample fish and chips or fishcakes in the many restaurants that line the harbour and many people visit time and time again to enjoy the wide array of seafood available year round. ウィットビーで味わえるフィッシュ&チップスやフィッシュケーキはどれも絶品で、これら海の幸を目当てに何度も訪れる方も多くいるようです。My daughter went back on both days of our visit to eat the fresh oysters on sale at the Seafood Shack! I, on the other hand, stuck to some very safe, but absolutely delicious fish and chips from the Magpie. 娘は二日続けて、シーフードシャックと言う屋台で売られていた生ガキを食べに行きました。私はマグパイレストランでお持ち帰りでフィッシュ&チップスを買った!美味しかったですよ。

St Mary’s Church and the ruins of Whitby abbey, which can be clearly seen on the hill overlooking the small town,  are Whitby’s most recognized landmarks. 街を見下ろす高台の上に並ぶ聖メアリ教会(St Mary’s Church)とウィットビー修道院(Whitby abbey、ウィットビー・アビー)は、ウィットビーのシンボルとも呼べる存在です。In 1897, Bram Stoker’s famous novel ‘Dracula’ was first published. It is believed that he was inspired by a visit he made to St Mary’s Church and the nearby abbey on a visit to Whitby in 1890. 1897年に出版された怪奇小説『吸血鬼ドラキュラ』の著者として有名な小説家ブラム・ストーカーは、1890年に訪れたウィットビーの聖メアリ教会やその脇に立つ廃墟の修道院で、自身の作品に繋がる発想を得たといわれています。

Whitby was also where James Cook, the 17th century famous explorer, learned his seamanship skills. ウィットビーは、17世紀に活躍した海洋探検家でクック船長の呼び名でも知られるジェームズ・クックが航海術を学んだ地でもあります。

On our trip to Whitby, my dear friend Hannah introduced me to this wonderful bakery. ウィットビーを訪ねた時、友達のハナさんが、この素晴らしいベーカリーを紹介してくれました。Botham’s is a family-run bakery founded by Elizabeth Botham that has been making cakes for the people of Whitby since 1865. ‘Botham’s‘は1865年に農夫の妻だったエリザベートボーサムに設立された以来、家族経営のベーカリーとして、ウイットビーの皆さまのためにケーキを作り続けています。The present owners are the great-grandchildren of Elizabeth. 現在の経営者はエリザベートのひ孫だそうです。Afternoon Tea students got to taste some of the super cakes made at Botham’s as I brought some back as souvenirs for everyone to try.  ボーサムズで作られたケーキをお土産として日本へ持って帰りましたので、アフタヌーンティーレッスンの皆さまはそのケーキをレッスンで味わうことが出来ました。

London, June 30th to July 2nd

On June 30th, my daughter and I traveled down to London by train, arriving at Kings Cross Station. 6月30日に娘と一緒にロンドンへ向かって、そしてキングス・クロス駅に到着しました。If you think that the name of the station sounds familiar, then you are not wrong!その駅名がどこかで聞いたことがあると思っているなら、その通りです! Kings Cross station famously features in JK Rowling’s Harry Potter books.  Trains for Hogwarts leave from platform 9 and 3/4! キングス・クロス駅はJK ローリングの小説『ハリーポッター』シリーズにホグワーツ特急の始発駅として登場する。ホグワーツ特急は秘密の9¾番線から出発する。For us muggles, Kings Cross station links London to the North and North East! 「マグル」の私達のために、イングランド北部・東部およびスコットランドへ/からの列車が発着する。

On June 30th, we were busy attending a friend’s wedding party but, on July 1st, we were up bright and early and ready for a day of White Rose sightseeing! 6月30日は友達の結婚式パーティーのために、一日見物する時間がなかったですが、翌日の7月1日、朝早く起きて、ホワイトローズなりの観光へ出かけました。 Our first stop was Buckingham Palace and the changing of the guard. まずは、ロンドンの観光名物でもあるバッキンガム宮殿の衛兵交代式を何十年ぶりに見に行きました!

Whenever I go to London, I always get a real kick out of riding on the Underground. ロンドンの地下鉄を乗るたびに、なんかワクワクします!。With station names like ‘Elephant and Castle’, ‘Marylebone’ and ‘Oxford Circus’, London’s Underground system automatically seems to come with a promise of mystery and excitement. エレファント&キャッスル、メリルボーン、オクスフォードサーカス等の駅名を聞くだけで、謎や興奮のイメージがあふれる。On January 9, 1863, the world’s first-ever underground railway train pulled out of Paddington Station. 1863年1月9日に、パディントン駅から世界発の地下鉄鉄道が出発しました。In the present day, the London Tube (as it has been known since 1890, after the shape of its tunnels) has a network that links 270 stations. ロンドン地下鉄は1890年以来、細長い円筒(tube)形のトンネルの中を電車が走る様子から、親しみを込めて「チューブ」と呼ばれるようになった。現在、270駅が存在しています。The Tube’s iconic logo, and easily recognized sign, is known as “the roundel” (a red circle crossed by a horizontal blue bar). 象徴的なロンドン地下鉄のロゴ(赤丸に青い横棒)は「ラウンデル(円形マーク)」と呼ばれ、世界的に有名になっています。The deepest station is Hampstead on the Northern line, which runs down to 58.5 metres and the longest escalator is at Angel station and is 60 metres long! ノーザン線にあるハムステッド駅はロンドン地下鉄で最も深い地表から192フィート (58.5 m)下にあります。同じノーザン線にあるエンジェル駅では、ロンドン地下鉄の最も長いエスカレーターがあるそうです。そのエスカレーターは何と、長さが60メートルもある。

I also love to walk around London as there’s so much to see. ロンドンで散歩するのも大好きです。After battling the crowds in front of Buckingham Palace, we walked alongside Saint Jame’s Park down towards the River Thames and Westminster bridge. バッキンガム宮殿の周りにいった大勢の観光客から離れて、セント ジェームズ パークの横道を通って、テムズ川を渡るウエストミンスター橋へ向かいました。Big Ben is under wraps at the moment, but we caught glimpses of other famous London sights on our way to meet friends at Waterloo Station. ビッグベンは現在工事中で少し残念でしたが、そのほかな名称などを見ることが出来ました。

Our trip to London happened to coincide with my daughter’s 21st birthday! ロンドンの旅行中、実は娘は21歳の誕生日を迎えました!So, after taking in a few of the sights, we arranged to meet up with friends for a birthday picnic in one of London’s many beautiful parks. 見物を終えて、誕生日祝いに、お友だちとピクニックをする約束しました。ロンドンは大きな都市ですが、たくさんの美しい公園があります。We took the tube from Waterloo Station to Camden Town and then walked to Primrose Hill. 私達はウォータールー駅からカムデンタウンまで地下鉄を乗りまして、あそこからプリムローズ・ヒルへ歩いて向かいました。Primrose Hill is a hill of 213 feet (65 m) located on the northern side of Regent’s Park. The hill summit has a clear view of central London.プリムローズ・ヒル はロンドンのカムデン区にある標高213フィート (65メートル)の小高い丘、およびその周辺地域の名称である。リージェンツパークのすぐ北にあり、ロンドン市街地を一望できる場所として有名である。 It was a beautiful day and was the perfect end to a wonderful weekend in the capital. 天気に恵まれ、そのピクニックはロンドンで過ごした素晴らしい週末には完璧な終わりでした。

Back home again in West Yorkshire, July 2nd

This incredible scenery is all around. No wonder I look so happy! どこ見ても、地元の景色が素晴らしい。だから、こんなに幸せそう。。

It’s Musical time! July 4th

I love musicals and try to see one every time I come back to the U.K. 私はミュージカルが大好きです。This week I got to see Wicked for the first time at the Leeds Grand Theatre. 今週、リーズグランドシアターで初めて’Wicked’ を見に行きました。The singers were so incredible that I actually cried 😭😂. みんなの歌声が凄すぎて涙が出ました。Now that’s a good performance❤️.本当に素晴らしかったです。

On Ilkley Moor Baht’at, July 6th

On the final day of my stay in England, we headed for Ilkley in the Yorkshire Dales. 今回のイギリス研修の最終日にヨークシャー・デイルズ国立公園にあるイルキリーと言う町へ向かいました。Our main goal was Afternoon Tea at Betty’s (see our Afternoon tea page), but Ilkley is itself a beautiful, small town. 一番目的はベティズティーショップでアフタヌーンティーを頂くことでしたが(アフタヌーンティのページをご覧になってください)、イルキリー市はとても素敵な町です。It is also the scene of  Yorkshire’s unofficial anthem: ‘On Ilkely Moor Baht’at’.ヨークシャーの民謡に歌われた場所として知られています。有名なこの民謡「On Ilkla Moor Baht ‘at」を普通の英語に直すと「On Ilkley Moor without a hat」で「帽子なしでイルクリームーア」という意味です。 We enjoyed wandering around the shops and then drove up to Rombald’s Moor. 町をぶらぶら歩いた後、再び車に乗って、近くにあるロンボールドズ・ムーア(荒野)へ向かいました。Just look at these amazing views. この素晴らしい景色を見てごらん!There’s no wonder that Yorkshire is often referred to as ‘God’s own country’. 「神の恵みの土地(God’s Own Country)」と称される理由がわかるような気がします。

Autumn 2017

October 23rd, The Piece Hall, Halifax & The Yorkshire Soap Company

The utterly majestic Piece Hall, Halifax. This wonderful building, built over 200 years ago, recently reopened after a three-year renovation project. Originally built as a market place for weavers who came to sell their woollen cloth, the Piece Hall is now used to showpiece cultural events. It also houses an array of small, unique shops.
The Piece Hall, ハリファックス。200年以上前に立てられたこの素晴らしいところが今年の夏に3年ぶりにリニューアルオープンされました。以前、ウール生地の売り場だったこのユニークなマーケットプレイスが現在、イベント会場として使われてます。周りの建物に小さな店やレストランがたくさんあり、歴史を感じる、本当に素敵なところです。

I had the chance to visit one of my favourite shops: The Yorkshire Soap Company. Just look at this fantastic display of cake-shaped soaps and bath products. Entering the shop is like going to my happy place!
私の好きな店を訪ねました!ヨークシャーソープカンパニー。ケーキの形をした石鹸やとてもユニークな入浴剤を売っている店です。店に入るだけで幸せを感じます。

October 27th, the beautiful scenery of Halifax

ハリファックスの景色は世界一!

October 28th, The Bradford Alhambra theatre

I love a good musical! ミュージカルが大好きです! I spent a fun afternoon with my daughter at this brand new musical. この新しいミュージカルを観て、娘と楽しい時間を過ごしました。The theatre, on the other hand, is over 100 years old! この劇場は100年前に立てられました。素敵でしょう。

October 29th to 30th, The Last Drop Inn, Lancashire

Spa time, UK-style! イギリスのスパータイム!A birthday treat courtesy of these wonderful friends. 誕生日の祝いに友達がこの素敵なホテル/spaに連れてくれました。Not exactly like a Japanese onsen, but with a pool, hot baths and saunas, just as relaxing. 日本の温泉とちょっと違うですが、プール、お風呂、サウナなどがあって、とてもゆっくり出来ました。The food was amazing. レストランでの食事はとても美味しかったです。And the bonus Halloween bonfire, fireworks and traveling fairground added to the fun! そして、予想外のハロウィーンかがり火、花火、そして移動遊園地は本当に楽しかったです。Thank you girls! Love you ❤️….

October 31st, Huddersfield station

I love the architecture of our Yorkshire towns: Huddersfield station area looking its best in the sunshine. ヨークシャーにある町の建築術が大好きです。ハダスフィールド駅の周辺。。

November 1st, Manchester

The vibrant city of Manchester! ❤️
明るく強いマンチェスター市

November 4th, Street names

In Japan, neighborhoods are identified by numbers. 日本では、ほとんどの住所が「何々町の何番」と識別されます。In the U.K., every street, no matter how small, is given its own name. イギリスの場合、どんな路にも名前が付けられています。The origins of each street name is sometimes obvious, but can also be obscure or even forgotten. その名前のルーツが分かりやすい場合はもちろんありますが、意味不明場合や完全に忘れられた場合もあります。These are just a few of the street signs I spotted on my walks. こちらは散歩中に見かけた名前の一部です。

Spring 2017

May 29th to 30th, Huddersfield

5月29日から30日まで、ウエストヨークシャーにあるハダスフィールド市を訪ねました。

My daughter is currently studying at Huddersfield University. 娘は現在イングランド北部にあるハダスフィールド大学に在学中です。Huddersfield is a town, surrounded by rolling countryside, situated in West Yorkshire in the North of England. ハダスフィールド国立大学はヨークシャーの自然に囲まれた新しい大学です。Although the University is relatively new, receiving university status in 1992, it has existed as an educational establishment of one kind or another since 1825. 1992に初めて大学として認められましたが、1825以来、教育施設として存在しています。Currently, there are almost 20,000 students enrolled and they are taught by a staff of 2000. 現在、生徒数は20,000人、スタッフは2,000人に上ります。

The current Chancellor is HRH the Duke of York, second son of the Queen. 現在の学校長はイリザベス女王の次男、アンドリュー王子です。Until 2015, actor Sir Patrick Stewart of X-men and Star Trek fame, served as Chancellor for 11 years and he still has strong connections with the University. 2015年まで、Xメンやスタートレック映画で有名になった俳優のパトリックスチュアートさんは10年以上学校長を勤めましたし、今にも大学との深い関係を持っています。There are many international students enrolled here and throughout the year, many events are held to encourage cultural exchange. 沢山の国から生徒さんがこの大学に入学して来ます。そして、年中文化交流をすすめるイベントが行われています。The university is still expanding and facilitates range from ultramodern buildings to an old church, which forms part of the music department. ハダスフィールド大学はまだ開発中です。とてもモダーンな建物から音楽部が利用している古い教会まで、施設がとても豊かです。This year, including my daughter, there were 5 students from Japan enrolled here. 今年度、娘を含む、5人の日本人生徒がこの大学に頑張って、通っています。

England is famous for its football and most towns have a team for locals to support. イングランドのサッカーは有名です。ほとんどの町にチームが有り、情熱なファンが沢山いています。On the day that I arrived in Huddersfield, football history was being made. 私は歴史的な日にハダスフィールドにたどり着きました。Huddersfield Town football team was promoted to the Premier League for the first time in 45 years!

ハダスフィールドのサッカーチーム(Huddersfield Town) は45年ぶりにトップチームの仲間になりました。来シーズンから、プレミアリーグに上がります!The next morning, I walked up to the stadium to take these photos. 次の日に、記念にスタジアムまで散歩して、写真を撮りました。Next season, the lads will be playing against all the big names in football and Huddersfield will be welcoming a new era. 来シーズンから、サッカーのビッグネームを相手にしてプレーします。そしてハダスフィールド町に新しい時代がやってきます。Way to go lads! おめでとう🎉

June 2nd, Hebden Bridge

6月2日ウエストヨークシャーにあるヘブデンブリッジ市に行って来ました。

June 3rd to 4th, York

6月3日~4日、ヨーク市

Out and about in the U.K. The beautiful,historical town of York in North Yorkshire. 今日もお出かけ。。ノースヨークシャにあるヨーク市は歴史的な、とても素敵な町です。Had lots of fun playing crazy golf with my lovely friend Hannah on a course designed by artists. 友達のはなちゃんと一緒に芸術家によるクレイジーゴルフコースで楽しく遊びました。

ヨークをもっと詳しく知りたい方が、こちらへ。。

York, November 2019. All ready for Christmas

June 6th, Hexham, Northumberland

6月6日、ヘクサム、ノーサンバランド

This week, we have moved up to Northumberland in the North East of England where we visited the magnificent Hexham Abbey. 今週、イングランド北東部にあるノースンバランド州へ移動して、素晴らしいヘクサムアビーを訪ねました。For visitors, one of the biggest attractions is the 1,300-year-old crypt that was left intact from St Wilfrid’s original church.このアビーの もっとも面白いところは1300年前に作られた地下室です。

During our visit to the market town of Hexham, Northumberland we also took a tour of the old Gaol and tried on some old headwear! See if you can spot us 😂. ノースンバランド州にあるヘクサム市へ行った日、天気が悪かったので、町の元刑務所もを訪ねました。昔の帽子で遊んだりしました。母の方がとても似合ったような気がします😂

June 7th, Alnwick Castle and Gardens, Northumberland

6月7日、ハリポッターのロケ地:アニック城、ノーサンバランド

アニックガーデン

In the town of Alnwick, we also visited an amazing second-hand bookstore called Barter Books. アニック市では、帰り道にこの素敵な中古本屋さんを訪ねました。建物は元駅です。

June 8th, The Roman site, Corbridge, Northumberland

6月8日、コーブリッジローマンサイト、ノーサンバランド

Walking with history! 歴史を感じながら、散歩。。

June 9th, Durham

6月9日ダラム市、カウンティ-ダラム

On the last day of our trip, we visited the beautiful, college city of Durham. With its historical Castle and stunning cathedral, it is a world heritage site. ダラム市は古い遺産に囲まれており、ダラム城とダラム大聖堂は、ヨネスコ世界遺産に登場されている。市街にイングランドで三番目に伝統のある大学の施設があり、多くの学生もいます。

One thought on “On Location in the UK/イギリス、オンロケーション

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create your website with WordPress.com
Get started
%d bloggers like this: